ブラジルサントス -dark roast-
ブラジルサントス -dark roast-
ブラジルサントス -dark roast-
画像をギャラリーに読み込む, ブラジルサントス -dark roast-
画像をギャラリーに読み込む, ブラジルサントス -dark roast-
画像をギャラリーに読み込む, ブラジルサントス -dark roast-

ブラジルサントス -dark roast-

SANWA COFFEE WORKS

通常価格 ¥891 セール価格 ¥891

単価 per 

挽き目

[2021.05.25更新]


【優しい味わいの飲みやすいビターコーヒー】


■オススメ出来る人

  • 酸味が得意ではない人
  • 苦味の中に甘みを感じるコーヒーが好きな人
  • クセのないコーヒーらしい味が好みな人

■オススメ出来ない人

  • 複雑な深みのある味わいを楽しみたい人
  • 華やかな香り、フルーティな味わいが好きな人
  • 苦いコーヒーが得意でない人

■味わいについて

コーヒー豆の味わいは『①生豆の特徴×②焙煎レシピ』で決まります。

①ブラジルサントスの特徴
ブラジルの多くの豆は多く酸味を持てないと言われています。
それはブラジルサントスも同じで、果実的な甘味や酸味は少ない軽めの味わいが特徴です。

②焙煎で深煎りにしたコーヒーの特徴
コーヒー豆を焙煎で深く焼くほど果実のような酸味や甘みを失い、カラメルのような苦味や甘さを獲得していきます。

③①と②から言えるブラジルサントスDarkroastの特徴
もともと果実っぽい酸味をあまり持っていないブラジルサントスを深煎りに焼き上げたブラジルサントスDarkroastは、酸味の抑えられたビターな味わい。
甘味はカラメルのような苦味の中に甘さを感じるタイプです。
もともと軽い味わいのコーヒーのため深煎りにしても重厚感はそこまでなく、優しい味わいでたっぷり飲めるコーヒーだと思います。


■ミルクとの相性

酸味の成分が控えめでビター感はしっかりめなので、ミルクとの相性は良いです。
酸性が強いものと合わせると分離しやすい豆乳もブラジルサントスDarkroastなら合わせやすいですね。
ただし、味わいはシンプルなコーヒーなので、ミルクとあわせることで旨味が増すような相乗効果が強いタイプでなく、きれいに共存できるってタイプの相性の良さです。


■アイスコーヒーに向けとしてはどうか

アイスコーヒーにする場合はホットコーヒーよりも果実っぽい酸味を感じやすくなります。
ただ、上にも書いた通りブラジルサントスはあまり酸味を持たない豆なので、酸味が苦手でもオススメ出来ます。
味わいのシンプルなコーヒーなので、お湯に対して豆の量を増やしてしっかり濃いめに入れた方が美味しく飲めると思います。
水出しでのアイスコーヒーもオススメです。


■味わい・ブレーバーを例えるなら

  1. カラメル
  2. ローストカシューナッツ
  3. ブラウンシュガー

■その他

ブラジルサントスDarkRoastの抽出方法はペーパーフィルターがオススメです。
もしステンレスフィルターを使用する場合はお湯の温度を90℃以下まで抑えた方が美味しいです。
100℃近いとローストの香りが強くなりすぎてビター感を強く感じやすくなります。
同じ理由でフレンチプレスでも苦味が強く出る場合がありますが、湯温を下げると味わいが弱く仕上がるので通常4分待つ時間を4分30秒くらいに伸ばすなどで味のボリュームを調整したら大丈夫です。

閉じる

【2日で120%】クラウドファウンディング第2弾挑戦中!

「クッキー缶&ドリップバッグセット」「コーヒー豆セット」といった配送で受け取れるお得なリターンもございます。
ぜひ一度ご覧ください!

お得なリターンを確認(外部サイト)

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

検索する

ショッピングカート

カート内に商品がありません。
商品を選ぶ